<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - 
<< BS生放送決定! | main | 今日読んだ本。 >>
ヴェルディ愛してる。
まず、勝ってよかった。勝つだろうと確信はしてたけど、正直ドキドキしてたし。そして久しぶりの観戦で、飯尾くんと一樹の2トップを最初から見れたことが本当に嬉しかった。嬉しすぎた。試合開始前の練習なんてドコ見てたのかあまり覚えてない。覚えているのは、帯同(?)してた一柳くんがずーっとダッシュしていたことだけ。あと廣山とかイ・カンジンとか初めて見る選手をひたすら見てた。
前半始まってすぐ、一樹が倒されてPKゲット。家に帰ってから映像確認したのだけど、一樹が倒されるまでのヴェルディのパス回しがすごかった。全部1タッチであの狭いスペースで回してたし。やしけんPKも初めて観たー!やっぱりこの1点は大きかった気がする。まだ始まって5分も経ってなかったし。その後イ・カンジンのビューティフルヘッドで2点目ゲット。カンジン初得点オメ!カンジンのプレーって本当にほとんど見たことがなかったけれど、彼はいい動きをしてるなあと思った。それよりヨネがすさまじい勢いでカバーしまくってたけど。やっぱりヨネはすごかった。前半はヨネばっかり見てたような。その後、飯尾さんがDF交わしてその後GKも交わしてどフリーな上無人ゴールへのシュートを外した…。絶対決めると思ったのに…。決めて欲しかった。決めて欲しかった。決めて欲しかった。つーか決めろよ!!
何でそこで外すのさー!!!!!!
と本気で叫んだよ。心の中で。超チャンスだったのに。絶対決めたー!と思ったその嬉しさがゼロになったショックは結構大きかった。まあ、点数決められなくても今まで見た中で一番キュンキュン(笑)なプレーしてたけれどね。
後半は、何となく大悟が消え始めたような気が。そして相馬くんがサイドでちょっと持ちすぎな感が漂い始めた。いい仕事してるんだけど、またいでまたいでまたぐから、相手DFに追いつかれてゴールラインあたりでごにょごにょってなってた。そしてヨネが交代したあたりからDFライン崩れたのか、かなり攻められ始めた。ぶっちゃけ1点くらい取られそうな悪寒がしたりしたけど、何とかセーブ。平本の3点目は美しかった。アシストが飯尾さんだってことは家に帰ってから知ったんだけど。とにかく飯尾さんに点獲って欲しかった。ゴールを決めなくても継続的に見ればプレーはとてもよかったと思うけれど、やっぱりストライカーだもん。もうそろそろ決める時期に来てる気がする。わたしの期待も含めてだけど。最後の方は惜しいプレーと危ないプレー満載だった。飯尾さんはフル出場ならず。そんな感じで試合終了。
個人的に、飯尾コールをたくさんしてくれたサポーターのみなさんありがとう!!今まで見てきた試合すべてのなかでこんなに飯尾コールを聞いたことなかった。飯尾コールは立ち上がってしたかったけど、座ってる席が悪すぎて声出せなかった。マジで声出したかったんだけど(一樹コールとか俺のヴェルディとかあの娘はエイリアンとか)、周りが手拍子すらしてなくて、躊躇われてしまいました。手拍子は終始してたけど今日ほど自分の座った席を呪ったことなかったな…。試合終了後の飯尾コールはもう意地で声出したけどね。ちゃんと答えてくれて嬉しかった。試合中のコールにも微妙に反応してたなあ。ちょっとウケタ。しかもよく考えたら、今まで見た試合の中で一番長くプレーしてる飯尾さんを見たのよね。いつも前半交代とか途中交代(それも後半40分とか)だったから。あと、去年よく味スタへ通ってた頃と比べて、応援がすごーーーーーーーーーーーーく良くなってた気がする。選手コールも即やってたしやっぱり1年経ってるんだなあとふと思った。
後ろに座ってたオジサンが、ヴェルディのスタメンの画面をみて、「イ・カネジンって誰?何人?」とか言ってて悲しかった。やっぱヴェルサポじゃないと知らないか…。そのオジサンが、
「さっきあの人たち(サポーターと思われ)と話したばい。やっぱり東京からきたらしかよ。地方の天皇杯でこがん客の入るとは珍しかとって。『長崎の人はサッカー好きなんですね』って言いよらした」
と熱く語ってた。ちょっと聞こえただけだけどかなり嬉しくなった。なぜだかわからないけど。
帰り道、興奮しすぎていたのか電車を乗り間違えて帰宅に2時間もかかってしまって凹んだ。
しかしやっぱりもっと試合見たくなった。あーーー。忘れかけてた感覚みたいなものが蘇った感じ。今日、久しぶりに試合を見て、一番実感したのは、自分は、やっぱりヴェルディを愛してるってことだった。もう自分でもウンザリしそうなほどに溺愛かもしれない。
東京ヴェルディ1969 comments(2) 
スポンサーサイト
- -