<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - 
<< 遂に決戦の日 | main | 何ですか、この素晴らしき殺し文句は! >>
呆然と立ち尽くした日
昨年の記事
今更ながら入れ替え戦のことを。雨の降る中、行きました博多の森。寒かった。だけど試合は本当に熱かった。特に、後半神戸に先制された後の怒涛の攻撃は、すごかったと思う。同点に追いついてからは、そこにいる皆が立ち上がっていた。多分、立ち上がらずにはいられなかったんだと思う。サイドチェンジを繰り返して、左からセンタリングを上げて、というシーンを随分見た。惜しいシュートもたくさんあった。最後の混戦はゴールにも見えた。その雰囲気だけでもう一点入ってもおかしくないような感じだった。だけど現実は非情。試合終了の笛が鳴った瞬間、本当に立ち尽くしてしまった。わたしはサポーターじゃないけれど、それでもすごくショックな瞬間だった。それは願っていた通りにならなかった現実を突きつけられたからかもしれないし、ピッチにいる11人がこんな結末になるはずがないとたった15分で信じさせてくれたからかもしれなかった。その後しばらく立ち去る気にもなれなかったし、だからと言って座る気分でもなかった。周りも同じだった。泣いてる人もいた。やけに覚えているのは、神戸のキーパーの狂ったように喜ぶ姿と、座り込んで立ち上がれない福岡の選手たち。その選手たちに声をかけて、たった一人でサポーターのところに挨拶に来た薮田選手に感激した。その後にも先にも、サポーターに挨拶に来た選手は彼の他にはいなかったと思う。セレモニーがあるとアナウンスがあったけれども、わたしは電車の時間があったのでそのままスタジアムを出たのだけども、帰りのシャトルバスの中からはショックという雰囲気を感じ取れなくて意外だった。

飯尾さんはスタメンで頑張っていたと思う。去就が気になる。ラモス監督のヴェルディで、今年以上に出場機会がもらえるのかどうか。だからと言って川勝監督のいないアビスパで、今年と同じくらい出場機会がもらえるのかどうか。今年の後半、毎試合のようにピッチでフル出場に近い時間活躍する飯尾さんを見たのは、これが初めてだった。ずっとヴェルディでプレーする飯尾さんを見たいと思っていたけれど、今年の後半があるべき姿のような気がした。いろんな意味で、飯尾さんの為になる方へことが運べばいいと思う。けど、きっと本人の意向だけがすべてではないだろうし、まあ難しいことなんだろう。ヴェルディでもアビスパでもないクラブに行く可能性だって無きにしも非ず。
飯尾一慶 comments(2) 
スポンサーサイト
- - 
はじめまして。
怪我を治してまた来シーズン「闘う」飯尾選手を出来れば「いつも生」で見たいアビスパサポーターです。
飯尾選手の力で入れ替え戦にこれたという部分もかなりあります。
ここで書くのは変かもしれませんが本当にありがとうございました。
またどうぞ、博多の森にもお越しくださいませ。
(バックスタンド屋台は何でもおいしいですよ。
あと屋内売店のカイザーサンドとプレッツェルも)
ずっと読ませていただいてました | 2006/12/12 12:55 AM
>ずっと読ませていただいてましたさん
こんばんは、初めまして。
コメントありがとうございます。
ずっと読んでくださっていたなんて嬉しいです。
わたしも、飯尾選手がアビスパで戦力として認められて、出場機会をたくさん与えてくださり、応援している身としてはこんなに嬉しいことはありませんでした。そして、アビスパサポーターの方々から非常に暖かい応援をされているようで、愛されているのもわかり、嬉しかったです。
この半年間、本当にありがとうございました。とわたしが言うのもおかしな話ですね。
博多の森は、本当にいいスタジアムだと思います。もちろん、来年も足を運びたいです。

屋台以外の、屋内のお店も美味しいお店があったんですねー!!
こないだは試合開始してからしか博多の森に着けず、ハーフタイムは寒さで動く気がせず、結局何も食べられませんでした…。次博多の森へ行った時には必ず何か口にして帰ります。
環@管理人 | 2006/12/12 10:50 PM
COMMENT