<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - 
<< もしや日本代表入りも?! | main | 来期はすべて白紙と言われているので >>
監督続投とか、痛みをも乗り越えるプレーの価値とか
映画の記事が書けない…書こうと思うと何かしら別のことで記事にしたいことが出てきてしまい映画は後回しに…。ラモス監督続投のことも書いてなかったそう言えば。続投決まるなり惨敗の今日、本当に続投でいいのかどうなのか。以前からフロントの考え方や将来の見据え方みたいなのは良く分からなかったとは言えども、今回のラモス監督続投ほど不明瞭ではなかったのに…。決まってしまったことなのでどうしようもないけど、何だかなー…。監督としての真価が問われる時期はもうとうに過ぎてる気がしますが。

飯尾が強行出場 きょう新潟戦(nikkansports.com)
なんだか泣かせる記事が…。痛みをおしての本日の出場、勝てて本当に良かった。今日も途中交代とは言えど、殆ど出てるのと同じくらいの時間出場してるし。その精神力には心から感服。足は心配ですが。次は天皇杯だけど、出来れば出ないで休んで欲しい気がする。今飯尾さんはちょうどプレーが波に乗ってる時だからなるべくなら出続けたいと思ってるような気がするけども。
川勝監督も、その我慢強さに感心する。「チビ(飯尾)は昔から痛いとか、泣き言を絶対言わないヤツ」。6月にJ2東京Vからレンタル移籍。東京Vユース時代の3年間、指導した。「40度近い高熱を出しながら、真っ白い顔して練習に取り組んだ」と振り返る。
ここを読んで、なおさら出ないなんて言わない気がしてきた…。飯尾さんをずっと(と言っても3年4年くらいですが)応援してきた身としては、今みたいに試合に出て活躍し続けるという状況を毎試合見れることは本当に嬉しいんだけど、そこに一緒に怪我が伴って来ると話が変わってくる…。うーん。なんとなくサク様思い出してしまった。

さて、次こそは映画。
で、今知った。
登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ(Jリーグ)
この時期に上村選手、松浦選手、重光選手の登録抹消…どーなってんのマジで。何で今なの。監督続投もだけど、何で今なの。もうわけわからん。
飯尾一慶 comments(2) 
スポンサーサイト
- - 
こんにちは。
夢吾の記事にリンクを貼っていただきありがとうございます。
試合後反町監督に呼び止められて握手している姿を見たときはうれしかったです。

一方、ヴェルディは水戸戦の敗北で来シーズンもJ2で戦うことが決まってしまいました。
監督続投にはじまる一連のドタバタでチームコンディションが最悪の中、待っていたのは水戸に完敗という結果でした。
チームで円陣を組んだ後、義成・戸川・夢吾・富澤で小さな円陣をもう一度組んでいたのが、いじらしいというか・・・ちょっと泣けました。

試合後ゴール裏のサポーターを中心にフロントに説明を求めて居残りをしていました。普段は1969シートで見ている私も、彼らと一緒にフロントを待ちました。
2時間以上待ちましたが結局チームの責任者が出てくることはなく、サポーターの代表に事態を収拾させていました。
いい年した大人が、20代の若者の陰に隠れて逃げ回ることしか出来ないのを知って、また泣けてきました。

飯尾選手、アビスパには欠かせない選手になりつつありますね。
本当なら、胸をはって「チビ!帰ってこい!!」って言いたいのですが、心の底からそう言えない自分がいます。
verdy-photo-chronicle | 2006/10/29 3:17 PM
>verdy-photo-chronicleさん
こんばんは、コメントありがとうございます。
いえいえ、勝手にリンク貼ってしまいすみません。
いつもこっそり見させて頂いてます。
なかなか試合を見られないわたしとしては、臨場感溢れる写真にいつも感動するばかりです。

昇格の可能性がなくなってしまったのは、本当に残念です。verdy-photo-chronicleさんの書かれた記事を読ませていただきましたが、去年のことを思い出してしまいました。わたしは去年も皆さんのブログから状況を知ることしか出来ませんでしたが、また去年のような大量流出は本当に嫌です。監督は続投なのに、選手の来期は白紙というのも酷い話ですし、フロントにそのことに関する説明はしてほしいと思います。ラウンドテーブルの参加枠が広がったようなので、その時にでもきちんとした説明があればいいのですが…。
とにかく、お疲れ様でした。

飯尾選手は、本当にアビスパでは不可欠な選手だと思います。活躍できる場があるのは嬉しいのですが、なんだかさびしい気もしますね…。そして怪我もやっぱり気になります…。
環@管理人 | 2006/10/29 11:54 PM
COMMENT