<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - 
<< 絶句とは まさに 是なり | main | 何ですのんこれは… >>
裕哉は文才があると思う今日この頃
こないだのV・ファーレン長崎のホーム開幕戦、録画したまままだ見れていないけど、快勝したらしいことは裕哉が書いたブログを読んで知った。その裕哉の記事だけど、何かすごいいい事を書いてる。ちょっと胸を打たれた。
ビラ配りをしたり、街の方の声に耳を傾けてみるとまだまだV・ファーレンの認知度は低いように感じました。試合に足を運んでいただいた方の中にも今までサッカーを観たことが無い人や、知らなかった方もいたはずです。そういう方々を巻き込んでいく上で、サポーターの熱のこもった応援だったり、フロントの運営や営業だったり、ボランティアの方の頑張りが非常に大事だとあらためて感じました。しかし、結局僕らが負けてしまったり、つまらない試合をすればそういう方々の頑張りが無駄になり、もう試合を観に来ていただくことはもちろんのこと、興味さえ失われてしまいます。そんな意味でも絶対に負けられない試合でした。
選手がそういうふうに感じてサッカーをしてくれてるって嬉しいことだなと思った。わたしはV・ファーレンのサポーターでも何でもないけど、本当に感動してしまった。裕哉は、ヴェルディにいたときもそんな気持ちでサッカーをしてくれてたのかな。結局トップの試合で裕哉を見たのは本当に少ない数だったけど、今思えばその少ない数であれその場に立ち会えてよかったと思う。今は見に行こうと思えば行ける距離なんだし、やっぱり試合を見に行こう。久しぶりに裕哉が見たい。
その他サッカー comments(0) 
スポンサーサイト
- - 
COMMENT